検索
カテゴリ
  • カテゴリーなし

ルール

不動産関係はでかい買い物しかありません。そんな中で失敗しない売りアパートはどうやって選べばいいのか。そんな情報が満載です。

「土地を購入し、そこに物件を建てる。」自分だけの物件を所有するにあたって、ごくごく普通に行われる流れです。
物件というのは、土地があってからこそ成り立つもの。物件を建てる際は、まずは土地を購入する必要があります。・・・と思っていたのが、この前までの私の知識。
こないだ知ったことなのですが、何と土地を「購入」しなくても、空き地に物件を建てることが可能なのです。

一見、「えっ、どういうこと??」と思ってしまっても、仕方が無いでしょう。土地を所有していないのに関わらず、その土地上に物件を建てる・・・。
じゃあ、その土地の所有者の意味は何なの??といった疑問が浮かんで来ると思います。

実はこれ、「借地権」の権利によって、上記のような土地の所有者は別だけど、その土地上に自分の物件を建てることが出来る。これが成り立つのです。
「土地を購入するような余裕は無いけど、物件を建てる必要がある・・・。」といった場合、この借地権の権利が効果を発揮してくれます。
借地権によって借りられた土地というのは、契約者が提示する条件に従って利用していくことになり、尚且つ土地代を支払う必要があります。

一見、借地権は使い方によっては様々な場面で活躍するように見えますが、実はコレ、事前に利用する前に知っていかなければいけないことが沢山あるのです。
もし借地権のルールに関してきちんと調べていない場合、不動産売却の際に様々なトラブルが発生することも。建物は自分の所有だけど、土地は相手の物。不動産売却に関してはなかなか難しい問題が発生してしまうんですよ・・・。

また、借地権は買取して貰うこともでき、土地の所有者が第三者に土地を貸し出している最中に買取をお願いすると、その後の契約内容は一体どうなるのか??
などなど、普通に考えては頭に??クエスチョンマークが浮かんでしまうような問題が、殆どだと思います。

借地権は、有効活用すれば必ず役立つもの。借地権の買取や、不動産売却の際の注意点に関して次のページから詳しくご紹介したいと思います。これで、あなたも借地権の買取や不動産売却に悩むことは無くなるはず!

専門家の意見は大事ですよ。不動産買取なら福岡の不動産屋に相談してみましょう。きっといい方法を提示してくれるはずです。
不動産担保ローンの組み方が分からないという方は不動産担保ローンについての解説がこちらでサれているので頭に入れておきましょう。